実はiPhoneを解約(機種変更)するとiPod touchになる

iPhone3GSからiPhone4Sへの機種変更の時に初めて知ったのだが、実はiPhoneを解約もしくは機種変更するとその端末は、iPod touchと化するのはご存知だろうか?
当然、電話はできなくなるのだが、WiFiを使って接続すれば、普通にインターネットもできてしまう。アプリもいままで通り利用することもできる。

最近話題に出るようになった・認知度が高まりつつあるイー・モバイルなどのLTE、UQ WiMAXといった高速モバイル通信機器を使えば屋外でもインターネット、メールができてしまう。
これらにさらに「LINE」や「スカイプ」といったアプリも併用してしまえば、究極音声通話も可能だったりする。
いままでのガラケーの場合、電話機能はもちろん、インストールされていたアプリのほとんども利用できなくなるので、この違いはとっても大きいだろう。

でも、こんなiPhoneでも一点だけ注意点がある。
iPhoneに刺しているSIMカードを抜かれてしまうと、iOSやアプリのアップデートやiTunesを利用してのデータの入れ替えがはできなくなり、現在、インストールされているアプリまでしか利用できなくなるようなので、SIMカードは返却せずにそのまま頂戴してもOKのところで手続きを行うことをオススメしておきます。(ショップによっては返却・回収するところもある模様。回収されそうな場合にはショップの店員さんにSIMカードを貰っても良いか聞いてみても良いかもしれない)

iPhone4S発売の時には、ソフトバンクがiPhone3G/3GSからの無料機種変更キャンペーンを展開していた。(私もこのキャンペーンに便乗してiPhone4Sに機種変更した)
iPhone5以降も新モデル販売時などに、同様なキャンペーンを展開してくれれば、2年間の割賦払いが終了していることが必要になると思うが、今後も携帯会社の割引サービスの併用でほぼ0円での機種変更ができるかもしれない。

ちなみに古い機種は不要な方は、中古買取ショップなどで売ってしまうのも一つの良い手段かもしれない。

コメントは受け付けていません。