iPhoneの「マップ」アプリって凄い

iPhoneは世界各国で販売するための超大量生産のためか高機能なうえに低価格まで実現している。細部にまで拘ったハードウェアも凄いがソフトウェアも凄く、機能・インターフェースも非常に洗練されている。

私が中でも特に感動を覚えたのが初めからインストールされている「マップ」アプリ。GPS機能と連動して、現在位置を示すまでなら従来のガラケーでも分かることなのだが、電子コンパスの機能も併用すると究極のアプリになる。
使用方法は、「マップ」アプリの隅のところにある矢印マークを1、2回タップ(叩く)と電子コンパスと連動するモードになるのだが、現在向いている方向に合わせて、地図自体が回転してしまう。
つまり自分が向かっている方向が分かる。ちなみにモードは3種類(指定した場所を中心に表示するモード、自分の現在地を中心に表示するモード(方位は北が上になるように固定)、自分の現在地を中心にさらに見ている方角を上に表示するモード)あり、切り替えられるようになっている。

この機能と、経路検索と合わせると、ルートも表示されるので、初めて行く場所でも住所が分かってしまえば、道に迷わず目的地に行けてしまう。目的地までの距離、所要時間も表示可能だ。
最近では交通渋滞の箇所も分かるようになった。足りない機能は、音声案内あたりだろうか。
こちらは、カーナビのアプリが販売されているので、そちらを使ってしまう方法もあるのだが。
あと、一つ忘れていけないことがある。iPhoneは世界各国で販売されているので、外国に海外旅行、海外出張に行った場合でも、この「マップ」アプリは利用できることを忘れてはいけない(海外は国内とは異なり、通常のパケット定額サービスの適用外になるので、海外用のパケット定額に加入しないとパケ死しちゃいます。電源をいれているだけでもアプリのインストールや設定によりバックグラウンドで地味にパケット通信することもあるのでこの点は要注意です)。

そして、肝心な「マップ」アプリの費用は・・・0円。無料。タダ。
iPhoneの「マップ」アプリって凄いよね?(これもApple様とGoogle様のおかげ!)

コメントは受け付けていません。