機種変更をしてもiPhone同士ならアプリの引継ぎができる

ガラケーを利用していた頃、アプリや音楽データをほとんどインストールすることはしなかった。
私にとってインストールを躊躇った最大の障害!
「新機種に機種変更すると、いままで使用していたアプリは基本使えない!」
ガラケー利用時代は、有料で購入、時間と手間をかけてインストールしたアプリも1~3年での機種変更で継続的に利用できなくなる点が非常に大きな障害となっていた。(この点はとても損した気分になっていました)

ところがiPhone同士での機種変更の場合は、同じiOSを使用し、iTunesで各iPhoneのバックアップ・同期を取ることが可能なため、機種変更する際、同じパソコン・同じApple IDで行う限りは、アプリはもちろん、電話帳、メール、音楽データなどの移植もそのままでき、新たにアプリの購入は必要無い。
アプリのダウンロード後、アプリをiPhone上で消してしまっても、「App Store」アプリの「アップデート」>「購入済み」から削除したアプリの再ダウンロードもできてしまう(もちろん無料)アプリは日々、機能追加や不具合修正でバージョンアップされているのだが、これは、一度消してしまったアプリが後日の機能追加で便利になり、再度インストールしたいといった場合でも大丈夫だったりする。

これは、いままで色々な機種に乗り換えた中で、iPhoneに乗り換えて良かったと実感したことの一つである。

また、iPhoneアプリ自体も、ガラケーと同様、有料アプリも豊富にあるが、無料(かつ実用的)アプリも豊富にあるので、気軽にダウンロードして試せるのもiPhoneのメリットの一つと言えるだろう。(この点は、Androidのアプリも同じことが言えるのかもしれないが)

あと、アプリやデータが気軽に引き継げるということは、iPhoneの後継機に気軽に機種変更しやすくなることも言えるので、他の機種に乗り換えられてしまう可能性をいくらか減らせるということも言えるのかもしれない。(これは、Appleの思惑なのだろうか?)

ところで、私は近々会社を辞めて独立起業をしようと考えています。貯金は何とかなるくらいあるのですが、出来る限りお金はかけずに始めたいと考えています。最初はやはり在庫などを持たず、あまりリスクの高くない商材を扱っていければと考えていますが、販売代理店を募集しているサイトを眺めていても、なかなかこれだという商材に巡りあっていません。iPhoneや携帯電話を扱う話はよく聞くので、その辺りも一度確認したいと思っています。

コメントは受け付けていません。